Amazon大型商品の、見分け方。

FBAに納品する際、

その商品が、標準なのか、大型なのか。

 

これは結構重要なことですよね?

 

なんでかって、

手数料も違えば、納品先も違いますからね。

 

まとめてFBAに送ってやろうと思って仕入れても、

1個だけ別場所納品…。

 

なんてことが、よくありました。

というか、油断すると、今でもやってしまいます。

 

 

一応、大型商品の基準は決まっていて(当たり前)、

どんな基準かと言いますと。

 

商品の寸法と重量です。

 商品寸法が45×35×20cmのどれか一辺でも超える

あるいは寸法を問わず梱包時の重量が9kg以上のすべての商品が大型商品ということです。

商品の3辺サイズを1最長の辺、2次に長い辺、3最短の辺の順に並べたとき、

1が 45cm以上、2が35cm以上、3が20cm以上のどれかひとつにでも該当するかを調べます。

例えば、21x21x21は3の基準に該当するため大型扱いですが、

21x10x10は1、2、3どれにも該当しないので通常商品扱いになります。

 

でも、店舗やネットショップなどで、

サイズや重量が測れない(わからない)ことってありますよね。

 

そんな時に活躍するのが、

FBA料金シュミレーターです。

⇒ 「FBA料金シュミレーター」

 

これに商品のJANコードなどを入力して、

「計算ボタン」をクリックすると、

手数料等が表示されます。

 

そこで見ていただきたいのが、

画像の赤丸の数字。

tesuuryou

 

出荷作業手数料が、540円になっていたら、

その商品は、『大型』ということになります。

 

覚えておくと、結構便利ですよ。

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です