Amazon.comの出品者登録を解説

 

Amazon輸出を基礎から学べる

Amazon輸出スタートアップマニュアル』は

下記からアクセスすることができます!

『Amazon輸出スタートアップマニュアル』で学ぶ!

 

 

 

 

さて、ここでは、

Amazon.comの出品者登録について解説していきます。

 

英語が多いという理由で挫折する人が多いですが、

解説を見ながら進めていけば、全然大したことはないので、

ちゃっちゃと登録をしてしまいましょう!

 

 

Amazon.com購入者アカウント作成方法

 

Amazon.comの出品者用アカウントを作成するには、
まず初めに、購入者用のアカウントを作成しなければいけません

 

早速、Amazon.comにアクセスして下さい。
ここからAmazon.comにアクセス

 

 

AmazonTOP

アクセスしたら、AmazonTOPページの
画面右上にある「Your Account」をクリック

 

そうすると、次のような画面に移行します。

 

sign in

 

日本Amazonで使用しているアドレスとは別のアドレスを登録して下さい。

 

日本と同じアドレスを登録していると、
アカウントを関連付けられて、
どちらかのアカウントが飛んだ時に
もう一つのアカウントも同時に飛ばされる可能性があるためです。

念のため、購入用アドレスとも別にしましょう。

 

これはあくまで可能性の話なので、

別な方が多少安心できるというレベルの話です。

※実際に、アメリカAmazonのアカウントが飛んでも、

 日本Amazonのアカウントには影響しないという話もある。

 

 

customer-info

 

この画面になったら、以下の例を参考に入力して、
最後に「Create account」をクリック

 

My name is : Taro Yamada (山田 太郎の場合)
My e-mail address is : (先程と同じメールアドレスを入力)
Type it again : (再度メールアドレスを入力)
My mobile phone number is : (電話番号 ※入力しなくて良い)
Enter a new password : (パスワードを入力)
Type it again : (再度パスワードを入力)

 

 

Your Account

 

この画面になれば、

購入者用アカウントの作成は成功です。

 

そして次は、出品者用アカウントの作成です。

 

 

Amazon.com出品者アカウント開設方法

 

seller-Account

 

先程の画面内の「Your Seller Account」をクリック

 

 

SellerTOP

 

このような画面に飛びます。

 

その画面をスクロールすると、下図のような画面が出てきます。

 

 

Seller-choice

 

 

『大口出品』を選ぶのか『小口出品』を選ぶのか

 

ここで、「大口出品」か、「小口出品」かを選択します。

 

小口出品は、月額料金が掛からない代わりに、
1商品販売ごとに0.99ドルの成約手数料が課金されます。

また、カートBOXが取得できないため、
大口に比べて商品が売れにくいです。
(新品商品では圧倒的に不利)

 

 

大口出品は、月額39.99ドル課金される代わりに
1商品ごとの成約手数料がかかりません

月間40点以上販売するのであれば、大口がお得。

 

どちらを選択するかは基本的に自由ですが、
正直、月間40点も販売できないというのは、
余程サボっていない限りあり得ないので、
大口出品で登録するようにしましょう

 

※カートBOXが取れないというのは、
   新品商品販売者にとって、確実に不利になります。

 

これから先の解説は、大口出品での契約を前提に進めていきます。

 

 

店舗(ストア)情報の入力

 

先程の画面で大口出品を選択すると、
このような画面になります。

 

Storename

 

Legal Name』の欄に自分の名前を記入して下さい。

法人の場合は、法人名を記入して下さい。

 

その後、その下のチェックボックスにチェックを入れて
Continue」をクリックして下さい。

 

 

そうすると、次のような画面に移動します。

 

Sellerinfo

 

各項目の記入例は、以下を参照してください。

住所等の記入なので、例として、下記住所を表記します。
(例)〒123-4567 東京都品川区五反田1-2-3 五反田ビル201

 

自分の住所の英語表記がわからなければ、

「judress」という便利なサイトで確認出来ます。

 

 

Display name : (いわゆるストアネームです)
Address : 1-2-3 , Gotanda
Address line 2 : Gotanda Bld 201
City/Town : Shinagawa-ku
State/Province/Region : Tokyo
Postal/Zip code : 123-4567
Country : Japan
Phone number : (国際番号の入力が必要なので、
         先頭に「+81」を入力し、先頭番号の
        「0」を抜きます)
(例)03-0123-4567 ⇒ +81301234567
   090-1234-5678 ⇒ +819012345678
Main product category : (主力商品の選択ですが、
              とりあえず「Toys & Games」としておいて下さい)
Number of products you plan to sell :

(予定販売数ですが、これはとりあえず「41-100」を選択)
Do you own any brands for the products you are selling:
(ここは「No」を選択しておいて下さい)

 

全て記入したら、右下の「Save & Continue」をクリック。
そうすると、以下の画面に移行します。

 

credit-card

 

 

ここでは、

クレジットカード(デビットカード)の記入をする必要があります。

 

もし、まだ作っていないのであれば、

右下の「Skip Step」をクリックして下さい。

 

カードがある方は、以下に従って記入して下さい。

 

Credit card number : (カード番号を記入)

Expiration date : (有効期限を記入)

Cardholder name : (カード記載の氏名を記入)

Billing address : (カード登録の住所を記入)

                  ⇒カード登録住所と違う場合は、

                             「Add new address」から正しい住所を記入。

 

全て記入したら、「Save & Continue」をクリック。

 

 

Call

 

次に、確認の自動音声を受け取るために、
Call me」にチェックを入れ、「Call me now」をクリック

 

 

your-PIN

 

Amazonから自動音声電話が掛かってきますので、
英語音声が終わったら、「Your PIN」の4ケタの数字を
携帯電話のキーパッドで入力してください。

電話が掛かってこない場合は、
もう一度トライして下さい。

 

 

Call2

 

成功すれば、この画面になります。
Continue」をクリックして下さい。

 

 

Tax Identity Info(税務情報)の入力

 

Tax-identity-info

 

次に、この画面になり、税務情報の入力を求められます。

ここは税務申告に関する手続きですので、
個々の事業形態によって異なります。

 

僕が税務申告に関するアドバイスをすることは
法律上、禁止されています

 

そのため、ここに関するアドバイスはできません。

 

 

ここから記載することは、
あくまで私個人がこうやって手続きした
という事例を説明します。

 

お手数ですがここから解説をDLして下さい。

※Zipファイルになっています。

 

 

 

Amazon.com出品者登録の完了

 

お疲れ様でした!

全ての入力が完了したら、無事出品者登録は終了です!

 

もう、セラーセントラルを見ることができますよ!

 

seller-central

 

 

当然ですが、すべて英語なので、

分かりづらければ、GoogleChromeの翻訳機能を使ってみて下さい。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

解説通りに進めていけば、

さほど難しくは無かったのではないでしょうか。

 

ほとんどの人が、

「英語は無理!」という先入観からAmazon輸出を敬遠しています。

 

ホントは英語なんて、全然問題なくクリアできるんですけどね…。

 

とにかく、

出品者アカウントを取得できたので、

あとは売上げ金の受け取り口座を作って

ガンガン販売していきましょう!

 

 

Amazon.comの売上金受取口座(World Firest)の開設は、

下記記事で解説していますので参考にしてみて下さい。

 

⇒ World Firestで口座開設をする!