メルカリアカウントの開設(新規登録)方法と手順

 

メルカリで販売するにも購入するにも、まずはメルカリに登録する必要があります。俗に(?)言う、アカウントの開設ですね。

 

メルカリの場合、スマホやタブレット、PCからでも登録できますが、ここでは一番多いであろうスマホからのアカウント登録方法を解説していきます。

途中、ちょっとだけ気を付けて欲しいところもあるので、まだ登録していない方は確認しておいてください。

 

スマホでのメルカリ登録方法

とにもかくにも、まずはメルカリのアプリをスマホにインストールする必要があります。

ここではiPhoneを例に挙げて話を進めていきますが、androidでも基本的には同じです。

 

①メルカリアプリのインストール

メルカリはアプリなので、App Storeからアプリをダウンロード&インストールしてください。

検索窓に『メルカリ』と入力し、出てきた検索候補からメルカリを選択します。

 

私はすでにダウンロードしているので、『開く』と表示されていますが、まだダウンロードしたことがない方は『ダウンロード』と表示されているはずです。

『ダウンロード』をタップし、インストールを開始してください。

 

ダウンロードが終わると、スマホにメルカリのアプリが表示されます。

 

②メルカリのアカウント登録

ダウンロードが完了したら、売り買いできるようにアカウントを登録しましょう!これをやってないと、見ることはできますが、販売や購入はできないので必ず必要な作業です。

準備するものは以下の通りです。

  • メールアドレス(メルカリに登録したことがないアドレス)
  • 電話番号(スマホの電話番号が良い)
  • パスワード
  • ニックネーム

 

それでは、メルカリのアプリをタップしてください。

『はじめに』という画面が表示されますが、スキップしていってください。

そうすると、会員登録画面が表示されます。

『メールアドレスで登録』をタップして先に進みます。

FacebookやGoogleでも登録できるので、アカウントを持っている方は、そちらから進めてもいいですね。

 

この画面では、準備していたメールアドレスと、パスワード、ニックネームを入力していきます。

 

ここで注意点なのですが、『招待コードを入力』という項目があります。

招待コードというのは、すでにアカウントを開設しているAさんから招待コードを教えてもらってそれを入力し登録すると、双方に300ポイント貰えるという制度です。

このポイントは、商品を購入する時に300円分の割引券として使用することができます。

 

 

「じゃあ、入力した方が良いじゃん!」と思われたかもしれませんね。笑

でも、入力しないと書いているのには理由があって、もし誰かの招待コードを入力して、その教えてくれた人のアカウントが何らかの理由で停止させられてしまった場合、最悪、招待コードを入力した人のアカウントも停止させられてしまう可能性があるからです。

 

実際、私の友人がネットに転がっていた招待コードを入力してしばらくたった後、何の前触れもなしにアカウントが停止させられてしまっていました。

もちろん、めったに起こることではないので、信頼できる人の招待コードは入力しても大丈夫だと思いますけどね。

注意喚起も含めて、「入力しない」と表記させていただきました。

ちなみに、招待コードはホーム画面の左上「三」をタップして表示されるメニュー画面の下の方から確認することができます。

 

 

 

 

 

話を戻して、ニックネーム等を入力して『会員登録』ボタンをタップすると、入力したメールアドレス宛に本登録確認通知が届きます

そのメール内に記載されているURLをクリックすると本登録の完了です。

 

これでメルカリのアカウント登録は終了です。

さあ、メルカリライフを楽しみましょう!笑

 

番外 PCからのメルカリアカウント登録について

パソコンのメルカリWebサイトからでもメルカリのアカウントは作成できます。

ですが、PCから登録する場合、なぜかスマホとは少し登録項目が違っていきます。

これはPCのメルカリアカウント登録画面なのですが、最初にメールアドレスやニックネームなどを登録した後、スマホのアプリでは表示されなかった住所や口座情報も最初に入力させられます

まぁ、不正にアカウントを登録させないための措置なんでしょうけど、とりあえずはスマホのアプリから登録した方が良いかもしれませんね。

 

メルカリの出品方法と、売れるためのコツはこちらの記事で!

初心者でもわかる!メルカリの出品方法(スマホ版・PC版)

2017.08.04