メルカリが利用停止になる原因【売上金と再登録について】

 

それは、何の前触れもなく、突然に唐突に突如として送られてきます。

そう、メルカリのアカウント無期限利用停止通知です。

 

ちなみに、こんなメールが送られてきます。

そりゃあもう、有無を言わさずです。

反論の余地もありません。

 

なぜ、無期限の利用停止を受けてしまったのか。

ここでは、その理由と、再登録はできるのか、売上金はどうなるのか、その辺を解説していきます。

 

無期限利用停止になる原因

 

メルカリで無期限利用停止になる原因はいくつか考えられますが、主な原因は以下の4つです。

  1. 同一商品を削除して再出品を繰り返す行為
  2. 偽物の販売
  3. 検索キーワードの羅列
  4. 不必要にキャンセルを繰り返す

 

同一商品を削除して再出品を繰り返す行為

これはどういうことかというと、

商品Aを出品していたけどなかなか売れないので、一旦削除して出品し直した。

という行為ですね。

1回や2回程度ではなんともないですが、これを頻繁に行ってしまうとスパム行為として処罰されます。

 

これについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

メルカリで売れない時の再出品はNG!? ~売れない時の対策法 ~

2017.08.08

 

偽物の販売

メルカリで禁止されているというよりは、どこでも売ったらダメですよね。笑

ヴィトンのようなスマホケースをヴィトンだと思い込ませて販売したり、アメリカンアパレルの正規品だと思わせるような販売方法をしたりですね。

人を騙しているわけですから、罰を受けるのは当然ですし、最悪、訴えられます。

メーカー品やブランド品のパクリ商品を販売するのは、基本的にはアウトだということです。

まだまだ横行してるのが現状ですが…。

 

以前にも、「妊娠米」や「1万円札紙幣」の販売が問題になりましたよね。

まっとうなものを販売しろ、ということですね。

 

検索キーワードの羅列

これはやってしまいがちな行為ですよね。

検索に引っかかりやすくするために、キーワードを大量に羅列するとペナルティーの対象になってしまいます。

出品する商品に関係あることならまだしも、全く関係ないキーワードを羅列するのはやめましょう。

 

自分が何か欲しい物があってキーワード検索したら、全く関係ない商品がズラッと表示されたら嫌ですよね。

試しに、「マリオ」で検索をかけてみました。すると。。。

全然関係ないスマホケースや子供服が表示されました。

そのうちの一つを見てみると。

説明文の最後に関係のないキーワードを羅列していますよね。

「っぽいものをお探しなら是非!」なんて文末に付け加えていますが、これはれっきとした規約違反です。

 

また、赤枠で囲った部分。

カテゴリーも間違っていますよね。

これも禁止行為で、処罰の対象になるので気を付けてください。

 

もし、キーワードを記載したいのであれば、ハッシュタグの機能を使うといいです。

ハッシュタグの機能ついては、別の記事で解説しています。

メルカリの『#(ハッシュタグ)機能』で購入率UPを目指そう!

2017.08.05

 

メルカリで禁止されている行為は、HPなどに記載されています。

出品前に、何が規約違反になるのかを知っておいた方が良いです。

無期限停止通知が送られてきてからでは遅いですからね。

 

不必要にキャンセルを繰り返す行為

これも利用停止になる原因になります。

例えば、コンビニ支払いで購入したけど、その後やっぱりいらなくなってキャンセル依頼をしたり。

販売したけど、発送前に商品がなくて購入者にキャンセル依頼したり。

 

こんなことを繰り返していると、悪質なユーザーということでメルカリから排除させられてしまいます。

もはやこれは良心の問題かもしれませんが、購入したならキャンセルしない。

販売したら責任もって最後まで取引する。

そういう志が必要なのかもしれませんね。

 

 

無期限停止の場合売上金はどうなるの?

仮に、不幸にも無期限停止になってしまった場合、保有していた売上金はどうなるのでしょうか。

 

結論から言うと、ちゃんと受け取ることができます

そこまではメルカリ事務局も鬼じゃないということですね。

 

無期限停止になっても、メルカリ自体は見ることができます。

ただ、出品や購入ができなくなります。

あと、いいねやコメントもできません。

完全に見るだけのアプリになってしまいます。

 

しかし、時間が経つと、ログインすらできなくなることがほとんどです。

「見るだけの奴は必要ない」ということでしょうか。

 

利用停止より怖い「強制退会」

メルカリには、違反の程度に合わせていくつかの段階があります

 

一番軽いもので、出品削除。出品した商品が勝手に削除されてしまいます。

その次が、数時間から数週間の利用制限。指定された期間、利用することができません。

そして、無期限の利用停止。見る以外は何もできなくなります。

 

一番最悪なのは、強制退会です。

これは、売上金も全て没収されてしまいます。

 

特に、偽ブランド品を販売したり、登録している氏名と、クレジットカードの名義が異なっていたりすると、犯罪に使われていると思われて強制退会させられる可能性が高まります。

めったに強制退会させられることはありませんが、気を付けておきましょう。

 

不安であれば、定期的に売上金を振込申請した方が良いです。

1万円以下だと振込手数料210円がかかりますが…。

 

アカウントの復活は可能なのか

無期限利用停止を受けた後、気になるのは「再びメルカリを利用できるのか」ということです。

 

以前は、ヤフオクでメルカリのアカウントが700円前後で売られていたので、何度かは復活させることができていました。

しかし、逮捕者が出たことでその方法も使えなくなってしまったのです。

逮捕者が出た当時は、メディアなどでもけっこう話題になりましたよね。

⇒ メルカリのアカウント不正取得・転売で逮捕者

 

では、現状復活させることはできるのでしょうか。

少なくとも、同じアカウントで再開させることはほぼ不可能です。

再開させるとしても、評価数や履歴などは復活させることはできません。

 

メルカリをまた使いたいということであれば、以下の方法しかないですね。

  • 全てをゼロからやり直す
  • タブレットなどで新規アカウントを作る

 

全てをゼロからやり直す

メルカリのアカウントが停止させられると、今使っているスマホで再開させるのは難しい可能性が高いです。

それは、メルカリ側が停止させられたスマホのデータを管理している可能性があるからです。

特に、「プッシュ通知」をオンにしていた場合、その可能性が高まります

 

同一機種でメルカリを再開させられるかどうかは、やってみないとわかりません。

以下の記事で解説する方法(新規登録)を試してみてダメな場合は、スマホを買い替えましょう。

その際、今まで使っていたアカウント情報とは全く別の電話番号などを準備しましょう。

一旦、メルカリアプリを削除した後、再インストールしてから新規登録を始めてください。

メルカリアカウントの開設(新規登録)方法と手順

2017.08.03

 

繰り返しますが、名前や住所、電話番号やメールアドレス、クレジット情報に至るまで、全く別のものを準備して登録してください

じゃないと、利用停止になったアカウント情報と紐づいて、あっさり利用停止になりますよ。

 

タブレットなどで新規アカウントを作る

もし今までスマホでメルカリを利用していたのであれば、登録していないタブレットなどで新規アカウントを作成しましょう。

当然ですが、利用停止になったアカウントと紐づくような情報は、一切再利用してはいけません。

 

電話番号が無いのであれば、メルカリを利用していない家族や友達の番号を借りてください。

あるいは、格安SIM(電話番号付き)を契約して、タブレットに番号を付与するかですね。

もちろん、電話はできませんが。笑

 

まとめ

メルカリは、非常にアカウント停止になりやすいアプリです。

ちょっとしたことで勝手に利用を制限され、謝罪をしても、全く聞き入れてもらえません。

 

重要なのは、メルカリや利用者に迷惑を掛けるような出品方法だったり、規約違反だったりをしないということです。

メルカリだけでなく、フリルやラクマなどでも同じですね。

普通にやってれば、利用停止にはなりませんから、変なことは考えずに楽しくメルカリを利用していきましょう。

 

あ、あと、他の出品者の画像や説明文をパクるのもやめましょうね!

通報されたらアカウントが利用停止になりますよ!