約5000回のメルカリ取引から見えてきた『売れる時間帯と日にち』とは?

 

メルカリでは、24時間以内に約半数の商品が売れていきます

 

ですが、自分が出品した商品が同じように24時間以内に売れるとは限りません。

下手したら、1週間以上経っても売れない時もあるでしょう。

 

売れない原因については、色々原因がありますが、そのほとんどは出品の仕方が間違っているからです。

 

もちろん、そもそも「売れない商品を出品しているから」という理由もあるかと思いますが、とりあえずそれは置いといて…、

メルカリで売れるために一番重要なことは何だと思いますか?

 

答えは、『できるだけ多くの人に自分の商品ページを見てもらうこと』です。

10人より100人、100人より200人に見てもらえた方が、購入率は上がりますよね。

 

では、どうすれば自分の商品ページを見てもらえる確率が上がるのか、それは、

メルカリを見る人が多い時間帯に出品することです。

 

私はこれまで、約5000回の取引をメルカリで行ってきました。

ここでは、その多くの取引の中から、売れる時間帯売れる日にちが見えてきたので解説していきます。

 

ターゲット別の売れる時間帯

メルカリには、様々なジャンルの商品が出品され、様々な人たちが利用しています。

多くは40歳以下の若い男女。特に女性の利用が目立ちます。

 

当然その人たちには生活時間帯があり、いつでもメルカリを見られるわけではありません。

ですが、購入層によって、メルカリをよく見ている時間帯が存在します。

 

つまり、

  • 自分が出品する商品のターゲット層
  • ターゲットが最もよくメルカリを見ている時間帯

に出品すれば、おのずと購入率も上がってくるというわけです。

 

ここでは、時間帯別に売れやすいジャンルを解説します。

なお、ここで解説している売れやすい時間帯は、私のデータを基にしたものであることをご理解ください。

 

5時~7時に売れやすいジャンル

この時間帯は、出勤前、出勤中の人たちが多い時間帯

男女共にアクティブな時間帯なので、ジャンルは特に限定されず、様々な商品が売れていく。

特に出勤中には、電車やバスの中でスマホを見る時間が多いため、ここで男性向けの商品を狙って出品すれば、売れる確率が上がる。

 

15時~18時は主婦層向け商品が売れやすい

主婦の方が家事を終わらせて、子供を迎えに行く前の一休みする時間帯

主婦の方の多くが、一番くつろげる時間帯でもある。

レディース系、キッズ・ベビー系商品が売れやすくなる。

 

18時~22時はゴールデンタイム

この時間帯は、学生や仕事をしている人たちが家路につき、一休みしている時間

最も効率的に売れていく時間帯と言える。

 

正直、何を出品しても売れやすくなる

もちろん、出品される商品も多くなるため、ただ出品すれば良いというものではない

他の出品者よりも工夫を凝らした出品方法を模索する必要がある。

 

なお、売れない時の対処法に関しては、こちらの記事で解説しています。

メルカリで売れない時の再出品はNG!? ~売れない時の対策法 ~

2017.08.08

 

22時~25時は夜更かし学生が購入しやすい

最近は、学生(高校生から大学生)の就寝時間が遅くなってきました。

ずっとスマホを見ている姿を見られた人も多いのでは?

なので、この時間帯では、学生向けの商品が売れやすくなります

 

エンタメ・ホビー系の商品、10代向けのアパレル商品などがよく売れます。

 

昼休憩時間は正直売れにくい

12時~14時など、一見昼休みで売れやすい印象もありますが、この時間帯はあまり売れません

深夜1時~4時と大差ない統計になりました。

 

なので、出品するにしても、この時間帯は避けた方が良いかもしれません。

ただ、出品数も他の時間より少なくなるので、多少は目立つかもしれませんが…

 

売れやすい日にちもある!?

実は、時間以外に売れやすい日にちも存在します。

それはズバリ、給料日後です。

 

 

毎月10日、25日は給料日である企業が多いため、給料日後は、他の日よりも売れやすくなります。

とは言っても、月に数日しかないので考えすぎると出品できなくなってしまうので、参考程度にしておいてください。

 

大きなイベント後は売れにくくなる理由

他にも、ゴールデンウィーク後、夏休み明けなど、遊びでお金を使ってしまった後は売れにくくなります。

要は、金欠になるということですね。笑

 

 

とは言っても、全ての人がそうなるわけでもなく、全体的な売れ方が悪くなるという話なので、特に気にする必要はありません。

 

まとめ

自分が出品する商品が誰に向けて売りたいのかを考えれば、必然的に売れやすい出品時間帯も見えてきます。

ここで解説した時間帯を参考にしていただきながら、適切に時間帯に出品してみてください。

 

もちろん、何度も言っていますが、売れる商品ページを作成しないと効果は半減しますよ!